∞ 幸せな時間 ∞

犬ってスゴイ! *セラピードックとふれ合う会*

国際セラピードック協会主催の『セラピードックとふれ合う会』
『セラピードック・ホームドック訓練会』に参加してきました。

Maruから貰っているたくさんの幸せ、
犬の存在が人間に与える偉大な力を考えるようになって
重い腰を上げて始めた『犬のお勉強』。

実際に活躍している『セラピードック』に会えてふれ合える。
そして「保護犬」をセラピードックへと導いた先駆者 大木トオル先生のお話を聞けるとのことで
Maruと@銀座へと降り立ちました♪

今回会うことができた子は3頭。

まずリーダーの『ピース』 
映画にも主役で活躍した穏やかな優しいリーダー。会いたかったよぉ~♪ 
e0098393_2004870.jpg
参加者の恥ずかしがり屋の小さな女の子に膝枕をしてもらって甘えています♪
ピースの得意技♪だそう。
施設を訪問して、たくさんの方のお膝を拝借して、こうやって甘えているのだそうです。

手が自由に動かせない方がピースを撫でたくて・・・
声が上手く出せない方がピースを見て、思わず「可愛いね」と声が出て・・・
記憶力が衰えはじめたお年寄りが何度か会ううちにピースの名前を覚え・・・

ピースがそこにいるだけで、寄り添ってお膝を拝借するだけで
ちょっと休んでいた身体の動きや神経が刺激されて
精神的に体力的に意欲が沸く。
やっぱりスゴイ! 。

実際、上の写真の女の子、恥ずかしがり屋さんで最初はママの後ろに隠れていました。
でも、座ったところピースが近寄ってきて、小さな膝に頭を乗せて甘えたのです。
女の子もビックリしていたけれど、あまりの可愛さにナデナデ~
そして緊張していた顔がニッコリ(^▽^*)♪
やっぱりスゴイ!

こちらは『ミッキー』 
e0098393_203221.jpg

こちらの協会で活躍しているセラピードックの中で一番小さなワンコ。
ベタベタと甘えるタイプではなさそうだけれど、とっても優しい静かな男の子。
一番軽いということで膝にのったり
寝たきりの方のベッドに乗り寄り添って甘えたりするのが得意♪


そして『こたろう』 
e0098393_201916.jpg

とっても明るくて、とってもとっても元気な男の子。
ボクを撫でてぇ~~と寄ってきます♪
他の子が撫でてもらっているのを見るとヤキモチを焼くんだそうですよ(^ー^*)♪
こたろうはお散歩担当!元気だからって、グイグイ~と引っ張ったりしません。
杖を必要とする方のペースに合わせ、車椅子の方の車椅子ペースに合わせ
リードで繋がって一緒に歩いてくれます。

こたろうと一緒にお散歩したい!という車椅子を必要とする方は手も不自由だったとのこと。
でも自らリードを持ちたい!ということでリハビリを頑張り、リードを持つこと
鉛筆を持つこと、そして字を書くことができるようになったとのこと。
意欲をこたろうから貰ったのですね。
やっぱりスゴイ!

人間にもスポーツが大好きな人もいれば、読書をするのが好きな人もいるように犬だって色々♪
小さくて大人しいミッキーが来てくれるのを楽しみにしている方もいれば
元気一杯のこたろうと遊ぶのを楽しみにしている方もいる。
ただ膝に乗って癒してくれるだけがセラピーではないのですよね。
その子の個性を活かし活動なんだなぁ~。
e0098393_2217344.jpg

                         ピース兄さんにクンクンするMaru。

こちらの協会には上の3頭を入れて19頭がいるとのことですが
全て出身は「保護犬」です。
いわゆる「捨て犬」。
国際セラピードック協会代表の大木トオル先生とコンビで有名な「チロリ」も保護犬。
数日後には処分・・・される身でした。

「保護犬」は年齢は推定だし、過去の生活も分かりません。
人間に虐待されトラウマになっている子もいるかもしれない。
「チロル」は杖を見たら怯えていたとのこと。
杖を必要とする方と一緒に歩くためのトレーニングには時間がかかったことでしょう。

でも、今まで受けられなかった愛情をタップリと受け
諦めることなくトレーニングを積むことで自信をつけ
人間と一緒にパートナーとして活動することに喜びを感じ活躍したのでしょうね。

やはり「遅い」「無理」は無いんだね。

ピース、ミッキー、こたろうとたくさんふれ合った後は
実際に彼達の「ウォーキングマナー」を見せていただきました。
「ウォーキングマナー」・・・・・良い響きだなぁ~♪
e0098393_20411786.jpg

杖を必要とする方とのウォーキング。
一緒に歩いている協会の方から「ヒール!(脚側)」という言葉と
「Good Boy!」という言葉が交互に聞こえます♪
足を引きずっていても、2・3歩進んで止まってもワンコ達はペースを合わせてます。

次は車椅子と一緒に歩くピース。
e0098393_20413013.jpg

先ほどの杖を付いている方とのピースの脚側の位置が違うのが分かりますか?
車椅子の一歩後ろです。
私も車椅子に初めて乗りました。
左横を寄り添って歩くピース
こんな可愛い子が一緒に横を歩いてお散歩してくれたら♪
いつもの散歩が一層楽しくなるはず!間違いない!と思う瞬間でした。

このウォーキングマナーは家庭犬にも覚えてもらったら
もし、もし、もし、何かがあったとき・・・
今までどおり一緒にお散歩できますものね。
先日の祖母とMaruとのお散歩で実感した∞幸せな時間∞ 。
Maruもまだまだお勉強中。

家庭犬にも、このウォーキングマナーを教えていただける・・・・とのことで
『ホームドック訓練会』にも参加しましたが、その様子は長くなったので次回~♪

最後に我家のセラピードック『Maruちゃん♪』・・・エヘヘッ
e0098393_20341533.jpg

[PR]

by hagimaru1228 | 2007-11-03 00:00 | wanwan-stady
<< Osanpo*kai@吉祥寺 Happy Halloween... >>